provoke

1968年に創刊された『provoke』(プロヴォーグ)という写真同人誌の中に「写真とは何か。写真家とは誰か。」という問いかけがある。

Boys be ambitious!.
Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement not for that evanescent thing which men call fame.
Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.

『プロヴォーグ』を読んだあと、この文章を思い出した。そう言えばエルスケンも同じようなことを言っていたね。

1981年、日本での展覧会で「学生諸君へのメッセージ」として、次のような内容を作品と共に展示した。「心に恥じない自らの信じることを貫き通す、そんな人間になってくれ。それは、幸福で誇り高い人間になるための確実な道だからである。しかし、おそらくは貧乏になることも確かである。だが、すべての真の芸術家にとって、貧乏を恥じることなどさらさらない」

西井一夫

『写真編集者―山岸章二へのオマージュ』

写真に帰れ

伊奈信男

ヴァルター・ベンヤミン

ニエプスとダゲール

アジェ

光画

「鏡」と「窓」
「鏡」としての写真(自分の内面を知るために使う写真)と「窓」としての写真(外側で起きていることを知るための写真)ジョン・シャーカフスキー

写真撮影FAQ

list